うどんにはコショウが当たり前

江戸時代の初期、寛永20年(西暦1643年)に書かれた料理本の嚆矢「料理物語」。その本に、うどんの項目があって、食べ方として「胡椒、梅などを添えるとよい」と書いてあるそうで。そしてまた江戸時代の戯作者、近松門左衛門作の浄瑠璃の中に「本妻の悋気と饂飩に胡椒はお定り」とのセリフがあるのだそうで。江戸時代、うどんにはコショウが当たり前だったのですね・・・。そして、夫の浮気も当たり前だったのですね・・・。

kosyo_udon.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント