幕の内弁当

青年の頃はハンバーグ弁当やトンカツ弁当などの一点豪華主義的、助太刀無用で正面突破的な感じのお弁当が好きでしたが、壮年にもなると幕の内弁当の総花的と言いましょうか、多種多様であり、一致団結的なOne for all, All for oneなおいしさもわかるようになりました。

makunouchi.jpeg

ヘルシーセット

ラーメン屋さんの前にパネルが出ていてランチメニューの宣伝が。「ヘルシーセット」と書いてある。「中華でヘルシーなセットってなんだろう?」と思って内容を見てみると、つけ麺と半チャーハンのセットでした・・・ヘルシー? ヘルシーか? つけ麺と半チャーハンはヘルシーなのか? ・・・あ、「つけ麺と半チャーハンをセット食べられるなんて、あなたはとってもヘルシーね」ってこと?

healthy_set.jpeg

スパゲティ・ウィズ・ミートボールズ

ディズニー映画「わんわん物語」を観る。ミートボール入りのスパゲティを食べる有名なシーン。スパゲティを食べている2匹の犬。スパゲティが繋がっていて食べているうちにキスをしてしまう・・・で、気がついたのですが、この映画ってアメリカに来たイタリア系移民を勇気づける映画なのかな? と思いました。テーマソングも「ベラ・ノッテ」とイタリア語みたいですし、ミートボール入りスパゲティはニューヨークに住んでいたイタリア系アメリカ人が作ったメニューらしいですし・・・調べてみましたら、正確には「スパゲティ・ウィズ・ミートボールズ」と言うんだそうです。かっこいいですね、今度から「スパゲティ・ウィズ・ミートボールズ」って言おう。そういえば、宮崎駿監督の「ルパン三世 カリオストロの城」でもスパゲティ・ウィズ・ミートボールズを食べるシーンがありました。あれは「わんわん物語」に対するリスペクトなのか知らん?・・・調べてみたら「ゴッドファーザー」にもスパゲティ・ウィズ・ミートボールズが出てくるシーンがあるようで。あったかなぁ・・・覚えてないなぁ・・・以上、映画とスパゲティ・ウィズ・ミートボールズでした。

spaghetti_with_meatballs.jpeg

ネギうどん

ネギのことばっかり書いていたら、ネギが食べたくなりまして(単純ですね)、以前から食べてみたかったメニューを奥さんに作ってもらう。関西風のお味のめんつゆのうどん。そこに、きざんだ京都の伝統野菜、九条ネギを、親の仇を討つ心意気で、または浅野内匠頭になって腹を切る覚悟で、またはブレーキの壊れたダンプカーのように、「これでどーだ、えーい、もってけ貧乏人!」などと上野アメ横の啖呵売みたいに叫びながら大量に入れる。ためらうことなく。天使のように大胆に。死ぬこと以外かすり傷。タコはイボイボ。ニワトリはハタチ。イモ虫は十九で嫁に行くということで、うどんが見えなくなり、そこには山盛りの九条ネギが現れる。ネギうどんでございます。京都では人気のメニューなんだとか。ということで、食べてみました。その感想。・・・ネギ、入れ過ぎだと思う。こんなにネギいらない・・・ホントに京都で流行っているのかなぁ???

negi_udon.jpeg

褒められないネギ

おいしいおそばを褒めるときに「コシがあっていいねぇ」とか「汁のカエシが効いてるねぇ」とか言いますが。落語の「時そば」だと「いい丼だねぇ」とか「割り箸つかってるねぇ」とか丼や箸まで褒めますが。ネギは褒めないですね。「いいネギだねぇ〜。これはまな板で切ってないね。空中切りだ。鼻にツーンとくらぁ。こいつは千住のネギかい?」とか言わないですよね。褒められない、ネギ。「ネギ、いらないです」って言う人もいますよね。いらない、ネギ。・・・がんばれ、ネギ!

yakumi_negi.jpg

「わけぎ」と「わけねぎ」

ネギと玉ねぎのダブル、「わけぎ」。漢字で書くと「分葱」。それとは別物で「分け葱」というのもあるようで・・・「わけねぎ」です。「わけぎ」と「わけねぎ」。どんどん葉が別れていくネギなんだそうで、主に関東で栽培されている・・・関東でも葉っぱのネギを食べるのね。ということで、みなさん気をつけてください。あなたが「わけぎ」だと思って食べているものは、実は「わけねぎ」かも知れません・・・。

wake_negi.jpeg

「小ネギ」と「わけぎ」と「あさつき」の違い

「小ネギ」と「わけぎ」と「あさつき」の違いは何か? えーと、「小ネギ」は青ネギを早めに摘んだもの。で、「わけぎ」はネギと玉ねぎの雑種なんですって。わけぎは半分、玉ねぎだったのか・・・。球根で育つので根元がぷっくりふくらんでいるそうです(ネギはタネから育つ)。なるほど、これで「小ネギ」と「わけぎ」は見分けられますね。それでは「あさつき」とは? あさつきも球根で育つそうで。なので、根元ぷっくり系です。色がネギより薄いので、浅い色のネギ・・・浅いネギ・・・浅葱・・・あさつき・・・なんだそうです・・・ホントかね?

asatsuki.jpeg

「白ネギ」と「葉ネギ」の違いと「小ネギ」と「万能ネギ」の違い

主に関東で食べられているのが「白ネギ」。「長ネギ」「根深ネギ」とも言う。主に関西で食べらているのが「葉ネギ」。「青ネギ」ともいう。その葉ネギを早い段階で収穫したものが「小ネギ」。で、その小ネギで、福岡県の一部で栽培され、ブランド化された商品名が「万能ネギ」。正確には「博多万能ネギ」・・・というところまでわかりました。そうなると「『わけぎ』とか『あさつき』とか言うのもありますが、あれは何ですか? 」という疑問が生まれると思います。なるほど。確かに。あれはですね・・・何なんでしょうね? 小ネギなのかな???

negi_koguchi_giri.jpeg

風邪をひいた時は首にネギを巻くのは効果があるのか知らん?

風邪をひいた時は首にネギを巻く・・・やったことないですが、このおばあちゃんの知恵袋的な民間療法は本当なのでしょうか? 調べてみましたら・・・本当みたいです。ネギの匂いが鼻づまりやノドの痛みを緩和してくれるようで。ですが、首に巻くよりも食べた方が効果があるみたいです。ネギにはウイルスに対する殺菌力があるようで。ということで、風邪をひいたらネギを巻かずに食べましょう。まぁ、ネギを首に巻きつつ、ネギを食べてもいいですが・・・。

yak_inegi.jpg

万能なネギは何に対して万能なのか?

万能ネギ・・・不思議な名前。万能なネギ。・・・何に対して万能なのか? 何でまた、こんな名前がついたのか? 調べてみましたら、どうやらこの「万能ネギ」は商品名のようで。福岡県のブランド。ですので、他の地域の小ネギは万能ネギとは言わないのだそうで・・・時は昭和50年代。福岡のネギ農家が東京でこの小ネギを売ろうとしたが、全く売れない。市場調査をしてみれば、東京ではネギの青い部分は食べないという・・・そこでこの福岡農家の方、一計を案じた。「生でよし! 煮てよし! 薬味によし! 和洋中華料理問わずにお使いいただけます!!」という売り文句とともに「万能ネギ」という名前にしたら飛ぶように売れた・・・かどうかは知りませんが、売れるようになったそうでございます。大事ですね、市場調査と販売促進活動。「無能ネギ」って名前にしてたら、もっと売れなかったと思います。無能なネギ。

ban_nou_negi.jpeg

白ネギの白い部分って根っこ? 茎?

関西の人は青ネギの葉の部分を食べる。関東の人は白ネギの白い部分を食べる。では、その関東の人が食べる、白ネギの白い部分とは何なのか? 根っこなのか、 茎なのか? 調べてみましたら・・・葉のようです。葉が伸びてきて緑色になる前に、土をかけて日に当てず、白く長く育てた部分なのだそうです。だから、あれです、実は、関西の人も関東の人もネギの葉を食べているのでした。ま、ネギの種類は違うんですけれども・・・けれどもどちらも、食べているのは、葉。

magari_negi.jpeg

食べる部分が少ないネギ

このイラストのネギを見て「食べる部分が少ないネギだなぁ」と思った人は関東の人です。イラストは青ネギ。葉ネギとも言う。緑の葉の部分を食べます。関東はネギの白いところ食べて、関西では葉の部分を食べるのですね。ちなみに僕は東北生まれ。このネギを見ると「鍋には使えないな・・・」と思ってしまいます。やっぱりネギのメインは白い部分。東日本と西日本の違いかなぁ・・・。関西の人が白い部分が多いネギを見ると「食べる部分が少ないネギだなぁ」と思うのだそうで・・・。ネットで読んで面白かった話が・・・ある方が関東から関西に転勤になった。スーパーでネギを買った。このイラストのような青ネギしか売っていなかった。仕方がないので、葉の部分を切り落とし捨てて、白い部分だけ食べたそうです。・・・食文化の違いですね。

ao_negi.jpeg

おそば屋さんの薬味のネギの切り方

おそば屋さんの薬味のネギの切り方は、まな板を使わないそうで・・・。まな板で切ってしまうとネギが押し付けられて、繊維がつぶれてしまう。おいしくなくなってしまうらしいです。ですので、なんと言ったら良いのかな・・・空中切り? ネギを持ち、包丁で薄く切っていく。空中で。まな板にネギを置くことなく・・・だから、あのー、ごぼうの笹掻きみたいな感じです。シュシュシュッと、お見事です。「プロだなぁ〜」と思いました。一手間を惜しまない。この切り方を見ると男の子はやりたくなりますよ。「かっけー」って思いましたもの。ま、できないんですけどね・・・。

osoba_200.jpg

葱商

葱商という仕事を知る。ネギの仲買人。世襲制らしいです。ネギのDNAが受け継がれている仕事、それが葱商。毎朝ネギを競り落とす。ネギの葉の状態、巻きの多さ、水分量や甘味、根の状態などなどを厳しくチェック。つまり、ネギの鑑定人。それが葱商。その厳選したネギを、このネギはあそこの銘店のおそば屋さん向きだな、このネギはあそこの老舗の鍋物屋さんだなぁ、と判断して卸す。ネギを見る目のプロフェッショナル。それが葱商。そして驚いたのが、なんと、毎日お昼に焼いたネギを食べること。毎日、焼きネギ。朝に競り落としたネギの状態を、自分の舌で確認する。さすがはネギのプロフェッショナル。それが、葱商。・・・毎日ネギかぁ・・・冬はいいけど、夏のネギはあんまりおいしくないだろうなぁ・・・。

negi.jpeg

ラウンドネック

襟ぐりが丸いものをクルーネック。さらに大きく深めに開いているものがUネック。じゃあ、ラウンドネックっていうのもあるけど何なのさ? ラウンド(round)も「丸い」って意味ですしね。調べてみると・・・総称なのかな・・・襟ぐりが丸いもの、その全てがラウンドネック 。ラウンドネックの種類にクルーネックがあり、Uネックがある。例えるならば、キャベツはキャベツ。白菜は白菜。けれど、どちらもアブラナ科・・・わかりずらい例えだな・・・えーと・・・へ〜・・・顔が丸い人はラウンドネックを選ばない方が良いそうで。丸いネックラインの服を選ぶと、丸い顔の形が強調されてしまうのだそうです。丸い顔が、さらに丸く見えてしまう・・・そうなんだ・・・ということで、丸顔の方、ラウンドネックにはご注意ください。

round_neck_boy.jpeg

Uネック

普通の丸首シャツ(クルーネック)よりも、襟ぐりが深くUの字型になっているのを、Uネックと言うんだそうで。このUネック、若者が着ているとオシャレに見えるのですが、おっさんが着るとなぜか、だらしなく見えるんですよねー。逆に言えば、Uネックを着て、だらしなく見えたら、あなたはおっさんです(僕が勝手に言っている理論ですが・・・)。で、えーと、ファッションのセオリーとしては、Uネックはカジュアルでラフな印象を相手に与えるんだそうで。・・・ちなみに、Vネックはドレッシーでセクシーでドレスライクに見えるんだそうです。ドレッシーでセクシーでドレスライク・・・「ドレスライク」という言葉を生まれた初めて使いました。・・・「ドレスライク」って何だ?

u_neck_boy.jpeg

Vネック

えーと、シャツの、あのー、頭を出す穴の、その喉元の部分。そこをなんと言ったら良いのかと困っていたのですが、わかりました。「襟刳」でした。「えりぐり」。「くり」は「くり抜く」って意味のようです。ということで、えーと、襟ぐりが、V字型なのでVネック。わかりやすいネーミング。

v_neck_boy.jpeg

キーネック

キーネック。首元に切れ込みの入ったシャツ。ボタンはなし。で、「キー」って何さ? 鍵のこと? なんで鍵なのさ? と思い調べてみると、キーネックとは「穴の形が鍵穴に似ているから」らしいです。なるほどなるほど・・・似ているかな、鍵穴に・・・。どうやら正確には「キーホールネック」って言うみたいです。

key_neck_boy.jpeg

ヘンリーネック

シャツの首下に切れ込みがちょっと入っていて、ボタンが3つぐらいついている・・・あのー・・・ポロシャツの襟がないみたいなシャツ。それを「ヘンリーネック」と言いますが、さて、その「ヘンリー」とは何? ヘンリーさん? 誰? ということで調べてみましたら・・・場所でした。イギリスのテムズ川の上流に「ヘンリー」という街があるそうです。で、そこで行われるボートレースに出場する選手が着ていたシャツから名前がついたらしいです。なるほど。「ボートネック」「クルーネック」「ヘンリーネック」・・・すべて船がらみの名前なのですね。

henry_neck_boy.jpeg

クルーネック

シャツの「ボートネック」はボートに乗っている人が着ていたシャツ・・・だと思っていたのですが調べてみたら「首回りがボートの形に似ているからボートネックと言う」・・・らしいです。そうなんだ・・・。で、クルーネックってのもあるじゃないですか。丸首の普通のシャツ。その「クルー」って何なのさ? と思って調べてみたら、これが「船の乗組員」という意味らしいです。船員。漕ぎ手。なるほど・・・しかしボートとか船員とか、何故、船が絡んだ名前が多いんでしょうね?

crew_neck.jpeg

ボートネック

かつて水夫がボートに乗るときに着ていた服がボートネックシャツなのである・・・なんて勝手に思っていました。調べてみたら間違ってました・・・。あの〜、なんて言ったらいいんでしょう・・・服の・・・頭を出す穴? 拙い表現だな・・・、えー、その穴の形が「ボートに似ている」からなんだそうです。そうなんだ・・・。

boat_neck_boy.jpeg

ノームコア

ノームコアという言葉を知る。ファッションに疎い僕は「・・・濃霧は、確かに怖いよね」と思っちゃいますが、そんな意味ではなく「究極の普通」という意味のファッション用語なんだとか。あ、これいいな。ファッションについて何か聞かれたらこう答えよう。「僕の目指しているファッションはノームコアです」と。「それと濃い霧が発生した時の車の運転などにはお気をつけください」と。

normcore.jpeg

ファッション

先日、若者と話す。話題はファッション。僕はファッションにあまり興味がない。若者もファッションに興味がない。だのに、話題はファッション。そんなファッションに消極的な2人が話をすると「ファッション、興味ないんですよねー」とか「なんであんなに派手な服を着るんでしょうねー」とか「ファッションにお金かける人ってすごいですよねー」とかいった感じのトーク。最終的には「ファッションって・・・何なんでしょうね?」という問いになって。ある意味、哲学的。ファッションって、何?

fashion.jpeg

ラジオ体操

ラジオ体操をしてみる。息が切れる。ハアハア。ラジオ体操は準備体操である。何かをするがための準備の体操である。その準備で息が切れるってのはダメなんじゃないの? と思う。ステーキが出てくる前にバケットを食べ過ぎちゃってお腹いっぱいでステーキ食えないみたいな。体力が落ちてるなぁ・・・順調に太ってきてるしなぁ・・・運動しよう。体力つけようと思う、新しい朝。

radio_taiso.jpeg

ごはんを描くのが、むずかしい

ごはんを描くのが、むずかしい。ごはんつぶ、一粒一粒は見える。描ける。けれど、それをそのまま絵にすると、一粒一粒がくっきり見えるごはんの絵になって、なんだか・・・気持ちの悪い絵になる。普段、私たちは、ごはんつぶ、一粒一粒は見えているんだけど、見ていない。このシャケ弁のようなものが出てきて、ごはんをじっくり見る人は少ないと思う。まず、シャケが目に入る。シャケが主人公。ごはんは背景。見えているんだけど、見ていない。その「見えているんだけど見ていない」感を描かないと、おいしそうな絵にならない。だからといって、ごはんを適当に描くと、まずそうな絵になるんだよなぁ・・・ということで、ごはんを描くのは、むずかしい。

syake_ben_150.jpg